2017/01/22

トランプ大統領就任式まとめと演説の日本語訳全文

トランプ大統領就任式まとめ

トランプ大統領就任式

トランプ大統領が、1月20日(金曜日)の正午、ワシントンD.C.での就任式を経て正式に誕生しました。(日本時間では、21日土曜午前2時)


スポンサーリンク


トランプ大統領の就任式の模様は、日本のメディアやネット中継で生放送されていたので、ご覧になった方も多いかと思います。

でも忙しくてトランプ大統領就任式を見られなかった方もいらっしゃるでしょうから、そこで今回はトランプ大統領就任式について、いろいろまとめてみました!

就任式の前には、オバマ大統領夫妻とトランプ次期大統領夫妻とでティータイムがありました。

なるほど、トランプ大統領も敬虔なクリスチャンだったのですね!

やはりワシントンD.C.では暴動も起きた様で…。

オバマ大統領の就任式の時は、観衆は180万にと言われていて、今回は100万人位と言われています。

それにしても、かなりの観衆の数ですね!

そして、トランプ大統領就任式の動画をどうぞ!


スポンサーリンク

トランプ大統領就任式の演説の日本語訳全文

トランプ大統領就任式の演説の全文を日本語訳にしてみました!(涙)

分かり易い様に、同じ言葉を言いかえた箇所が多くありました。多くのアメリカ人にも理解されるようにという苦心が窺われます。

ライターに書かせたものでしょうが、トランプ大統領の考えを推測する上での拠り所になるかもと思い、かなり長文ですが訳しました。参考になれば幸いです。

トランプ大統領就任式の演説の日本語訳全文

ロバーツ最高裁判所長官、カーター元大統領、クリントン元大統領、ブッシュ元大統領、オバマ元大統領、アメリカ国民のみなさん、世界のみなさん、ありがとう。

私たちアメリカ国民は、自国を立て直し、そして自国民への約束を守る為の偉大な国ぐるみでの努力へたった今加わりました。

私たちはともに、アメリカと世界の数年にわたって歩むべき道を決めて行くのです。

私たちはチャレンジに向き合っていきます。困難にも直面するでしょう。しかし、私たちはその様な難しい仕事もやり遂げます。

4年ごとに、整然とした、そして平和的な政権移行を実行する為に私たちは集い、そしてオバマ大統領とミシェル夫人には、この政権以降を通じての丁重な支援に感謝します。素晴らしかったです。

 

しかし、今日のセレモニーは特別な意味があります。なぜなら、今日私たちは一つの政権から次の政権に又は一つの党から次の党に単に移行しているのではなく、ワシントンD.C.からの権限を移行し、それをアメリカ国民へと取り戻しているからです。

 

とても長い間、首都の小さな集団が政府の恩恵にあずかり、にもかかわらずそのコストは国民が負担してきました。

ワシントンは栄えるが、国民はその富を共有しなかった。

政治家は栄えるが、仕事はなくなり、そして工場は閉鎖された。

既成権力層は自らを防衛したが、自国民を守ることはしなかった。

彼らの勝利は、私たちの勝利ではなかった。彼らの勝利は、私たちの勝利ではなかったのです。彼らが首都で祝っていた間に、国の至る所で必死に努力している家族を祝うことはありませんでした。

それらすべてが変わるのです、ここから、そして今すぐ変わり始めます、なぜならこの瞬間は、みなさんの瞬間だからです。それはみなさんのものです。

それは、今日ここに集まった全ての人のもので、そしてアメリカ全土でこれを見ている皆さんのものです。

今日この日は、みなさんの日です。今日この日は、皆さんのお祝いなのです。

そして、このアメリカ合衆国は、みなさんの国なのです。

本当に重要な事は、どの政党が政府を統治するかではなく、私たちの政府が国民によって統治されるかです。

 

2017年の1月20日は、国民が再度この国の統治者となった日として思い出されるでしょう。

忘れ去られた人々が、忘れられる事はもはやないでしょう。

これからはみんなが、あなたの声を聴いていくのです。

世界がこれまでに見た事もない様な歴史的ムーブメントの一員となることに遭遇するでしょう。

このムーブメントの中心には、極めて重要な信念があります。それは、国家はその国民に奉仕する為に存在するという事です。

アメリカ国民は、子供たちの為の素晴らしい学校を、家族の為に周囲が安全であること、自らの仕事を求めています。

これらは、正しい国民のまっとうで納得できる要求です。

しかし、私たちのかなり多くの国民にとって、これとは異なる現実が存在します。つまり、母親と子供たちは都市の内部で貧困に陥り、錆び果てた工場は墓石の様に国の至る所で散在し、教育システムは金がかかるが、私たちの若いそして立派な学生たちに十分恵まれた知識を与えてはいません。そして、犯罪やギャング達と麻薬は多くの生命を奪い、そして多くの実現されるであろう可能性を私たちの国から奪ったのです。

このアメリカ殺りくはここで終わり、また今すぐ終わります。

私たちは、一つの国です。そして彼らの痛みは、私たちの痛みです。彼らの夢は、私たちの夢です。そして彼らの成功は、私たちの成功です。私たちは一つの心を共有し、一つの家を共有し、一つの輝かしい運命を共有しているのです。

 

私が今日行う就任宣誓は、全てのアメリカ人への忠誠です。

何十年もの間、アメリカの工業の犠牲のもと、外国の工業を裕福にしてきました。

自国の軍隊が非常に悲しむべき消耗状態にあることを許容しているというのに、他国の軍隊を助成して来ました。

自国の国境を防衛する事を拒んでいるというのに、他国の国境を防衛してきました。

そして、アメリカのインフラは破損し腐敗しているというのに、海外で何兆ドルも使ってきました。

自国の富、強さ、自信が地平線から消え失せているというのに、他の国々を豊かにしてきたのです。

次々に工場は閉鎖し、残された何百万ものアメリカの労働者達の事を考えもせず私たちの国を離れました。

中産階級の富は家庭から剥奪され、全世界に再分配されて来ました。

しかし、これは過去の事です。そしてこれからは未来だけを見ていくのです。

私たちは今日ここに集まり、新たな法令を発布します、それは各都市で、他国の各首都で、そして権力が集まる場所で聞かれるのです。

この日から先は、新たなビジョンがこの国を統治します。

 

この瞬間から、アメリカ第一となります。

貿易や税、移民、外交問題についての各決定は、アメリカの労働者達とアメリカの家族の利益になる様に決定されるでしょう。

私たちの生産物を作り、私たちの会社を盗み取り、私たちの仕事を破壊する他の国々の猛威を国ぎわで防御すべきです。防御することは、素晴らしい繫栄と強さへと繋がるでしょう。

私は、みなさんの為にこの体で息を切らしても戦うつもりです、そして決して、いつまでも皆さんを落胆させる事はしません。

アメリカは、再び勝利に向かって進み始め、これまでにない様な勝利となるでしょう。

私たちは仕事を取り戻します。国境を取り戻します。富を取り戻します。そして夢を取り戻します。

 

新しい道路や高速道路や橋、空港、トンネル、そして鉄道を私たちの素晴らしい国中に作ります。

生活保護から人々を抜け出させ、仕事に復帰させる。アメリカ人の手と労働と共に国を再構築します。

私たちは二つのシンプルなルールに従います、それはアメリカのものを買い、アメリカ人を雇うというものです。

世界の国々との友情と親善を追い求めるでしょう、しかしそれらの国々が自己の利益を第一にする権利があることも理解の上、そうするのです。

私たちの生き方を誰かに課す事は求めませんが、むしろそれを輝かしいものにして、後に続く者の為の手本となる様にします。

 

私たちは古い同盟を強化し、新しい同盟を形成します。そしてイスラム過激派に対して文明化された世界を結束させます。そして、地球上から完全に撲滅させます。

我々の政治の根底には、アメリカ合衆国への完全な忠誠があり、そして自国への忠誠を通して、お互いへの忠誠を再発見することでしょう。

愛国心へ心を開いた時、そこに偏見の余地はないのです。

聖書は、私たちにこう説いています。「神の人々が共に結束して生きるとしたら、どんなに良く、楽しい事だろう」

胸襟を開いて語り、意見の相違について率直に討論しなければならないが、常に結束を追求しなくてはなりません。

アメリカが結束したとき、アメリカは完全に止められません。

そこには恐怖があってはなりません。私たちは守られていて、そしていつも守られるでしょう。

私たちは軍隊や法執行機関の偉大な男性や女性達によって守られ、もっとも重要な事に神に守られているのです。

 

アメリカでは、国家は努力している限りにおいてのみ生存して行けると言う事を理解しています。

私たちは、口先ばかりで行動しない、つまり不平を言ってばかりで、それについて何もしない政治家をもはや受け入れる事はしないでしょう。

空論の時代は終わりました。

今は行動の時です。

それが出来ないと誰かに言ってまわってはいけません。アメリカの心と戦いと精神に匹敵する挑戦はないのです。

私たちは失敗はしないでしょう。私たちの国は再び栄え、繫栄するでしょう。

新しい世紀の幕開けに接し、宇宙の神秘を解き明かし、地球を病の苦痛から解放し、明日のエネルギーや工業や技術を利用しようとしています。

新しい国の尊厳は、私たちの魂をかき回し、視野を拡げ、分断を癒すでしょう。

私たちの兵士たちが決して忘れないであろう古い知恵を思い起こす時です。それは、肌の色が黒や茶色や白くとも、私たちは愛国者という同じ赤い色の血を流し、同じ輝かしい自由を享受し、同じ偉大なアメリカ国旗にみな敬礼するのです。

子供がデトロイトの都市スプロールで生まれようとも、ネブラスカの風にさらされた平原で生まれようとも、彼らは同じ夜空を見上げ、同じ夢で心を満たし、同じ全能の創造主によって命の息吹を吹き込まれているのです。

だから、全てのアメリカ人には、各都市の近郊でも郊外でも、街が小さくとも大きくとも、山岳地帯から山岳地帯まで、海沿いから海沿いにかけて、これらの言葉が聞こえて来ます。

「あなたは、二度と無視されません」

あなたの声、希望、そして夢は、アメリカの運命を決定づけます。そしてあなたの勇気や徳、そして愛は私たちが進むべき道へと導きます。

共に、もう一度アメリカを強くしようではありませんか。

私たちで、もう一度アメリカを豊かにするのです。

私たちで、もう一度アメリカに誇りをもたらすのです。

私たちで、もう一度アメリカを安全にするのです。

そして、そう、一緒になって、もう一度アメリカを偉大な国にするのです。

ありがとう、みなさんに神の御加護がありますように、そしてアメリカに神の御加護があらんことを。


スポンサーリンク