2016/10/10

レンタル救世主第一話あらすじとみんなの感想まとめ!コメディーだけど泣かせるあたたかいドラマ!

レンタル救世主第1話あらすじ

レンタル救世主

レンタル救世主第1話が先ほど放送されました!


スポンサーリンク


2016年秋ドラマの中でも注目していたドラマだったので、個人的にはとても楽しみにしていました。

まずはレンタル救世主第一話のあらすじをどうぞ!!

明辺悠五(沢村一樹)は、会社の元同期に騙された事で1億円もの借金を背負うハメに。そして会社からは、詐欺に加担したと思われて、解雇されることに。借金と同時に会社から解雇された事を、悠五は家族には言えないままだった。

仕事を一刻も早く探さないといけないという状況で明辺は、ある会社の面接で自ら背負った借金と会社に解雇された事を告げ、残りの人生を懸けて一生懸命に働く思いをぶちまける。その言葉が、社長の黒宇(大杉漣)の目にとまり、採用される事に。

その仕事とは、「レンタル救世主」というもので、依頼者からのレンタルの要望があれば、その依頼者を助ける「救世主」となるべく命がけで依頼者の為に働くという仕事だった。

明辺の初仕事は誘拐された人質の救出で、捕えられている倉庫に向かうと百地零子(志田未来)薫(稲葉友)を見つけ出す。二人を助け出す明辺だが、犯人に見つかり逆につかまってしまう。

そこへレンタル救世主の社員・葵伝二郎(藤井流星)が救出に現れて、動画に撮りながら素晴らしい身のこなしで誘拐犯達を撃退してしまう。助けられた筈の百地は明辺とすれ違う時に「何で助けに来たの?」と言いいわくありげな様子。

実は百地は資産家の令嬢で、兄もITで成功した超資産家。

そして再度、百地は誘拐されてしまう事に。

明辺はその救出を願い出るが、葵は用事があるとの事で救出には向かわず、明辺のみで救出に行く事になる。

百地の悩みは、家が資産家で兄も能力が高いが、自分は何も能力がないというコンプレックスであった。

それに対して、明辺は迷惑をかける事など気にせず、助けてほしい時は助けて!と叫ぶべだと百地に告げる。

いよいよ明辺が誘拐犯に耳を切り刻まれそうな時に、百地は心の思いのたけをラップで吐露する。

そこに現れたのは、葵だった!

百地と明辺は救出され、レンタル救世主の事務所に無事帰還するのだった。

そして誘拐救出代金の請求について、云々していると...。

百地は自分もレンタル救世主をやってみたいと言い出すことに...。

かくして、百地もレンタル救世主の一韻、でなく一員となるのであった...。


スポンサーリンク

レンタル救世主第1話のみんなの感想まとめ

レンタル救世主、第1話を先ほど見終わりました。

やっぱ予想通り、かなり面白かったですね!!

ドラマの設定自体、やらかす感満載で、面白いドラマになるとは思ってましたが、予想以上でしたね!!

基本は、コメディーテイストのドラマなんですが、途中明辺が葵にレンタル救世主を何故やってるのか?レンタル救世主という仕事をやっている意味を問うシーンがありました。

金なのか?、目立ちたいからなのか?目立ちたいと言う葵ですが、その返答に一瞬、間がありました。

仕事をやる意味とは?草刈りでも、犬の散歩でも「ありがとう、助かったよ!」と言われる事で充実感があり、且つ労働の対価として支払われる金銭は、金額の大小にかかわらず、明辺は満足していた様です。

その辺の仕事という事についても、この先ドラマはスポットを当てて行くかもしれませんね。

コメディーなんだけど、ほろっと感動させるシーンもあり、最後明辺は帰宅する際に、奥さんに先に玄関ドアを開けられて頭をぶつけるというのは、毎回のテッパンネタになるのでしょうか?

レンタル救世主は、日曜の夜に明日への活力を与えてくれる、素晴らしく面白くあったかいドラマです!

みなさん、このドラマは見ないと損しますよ!!(笑)

にしても、みなさん大絶賛してる通り、志田未来ちゃんのラップと演技は、マジすごかったですね!

ここで、レンタル救世主第1話を見たみなさんの感想をまとめてみました!

さてさて、来週のレンタル救世主はどうなるのでしょうか!!楽しみですね!!

ではでは!!peace out!!


スポンサーリンク


著者:pallas

Fashion/ドラマ/芸能ニュース/ネットニュース/音楽/jazz/soul/beer/焼酎/政治/経済etc.あれこれ
    書いています!よろしくお願いします

Twitterフォロー

Twitterボタン

Hide DiaryのTOPに戻る