七草粥の由来や意味を子供にも分かり易く!七草の種類やいつ食べればいいの?

七草粥の由来や意味とは?いつ食べるの?

七草がゆのイラスト

七草粥を食べる時期が今年もやって来ました!


スポンサーリンク


お正月も終わり、仕事初めなど新年が本格的にスタートしたこの時期に七草粥を食べますが、その由来意味とはどんなものでしょうか?

何となくは分かる気はしますが、はっきりとは分からなかったので、改めて七草粥の由来や意味を調べてみました!

お役に立てれば、幸いです!!

七草粥の由来は?

七草粥は1月7日に食べるという風習がありますが、その由来は中国にあります。

七草粥を食べる風習は奈良時代に始まったと言われています。

もともと中国の前漢時代には、新年を占う為に回りのモノの日を決めて占っていました。

例えば、元旦の1日は鶏、2日は犬、3日は豚、4日は羊、5日は牛、6日は馬といった様に日を決め、そして7日は人と決めて人を占う日、つまり人日(じんじつ)として定め新年を占っていました。

その後、唐の時代には、この人日である1月7日に「七種菜羹(ななしゅ さいのかん)」という7種類の新春の葉野菜を入れた汁モノを食べて無病息災を祈る風習があったとされています。

またこの1月7日は、日本で言う所の官僚にあたる「中国の官吏」の昇進が決まる日でもありましたので、7日の朝にこの七種菜羹を食べて立身出世を願ったとされています。

日本では元来、新年に若菜を摘んで食べる「若草摘み」といった風習や7種の野菜でお粥を作る「七種粥」といった風習がありましたが、そこに中国のこの七種菜羹の風習が奈良時代に日本に伝来して、「七草粥」になったと言われています。

そうして江戸時代には、「五節句」という幕府が定めた祝祭日の一つに、この1月7日が人日として定められ、一般的に広く広まりました。

 


スポンサーリンク

七草の種類は?

七草の種類には、どんなものがあるのでしょうか?

七草

七草粥に入れる七草は、

「せり、なずな  

ごぎょう、はこべら

ほとけのざ

すずな、すずしろ」

の7種類です。この順番と区切りで覚えると覚えやすいと言われていたので、覚えていました!

リズムがあるので、覚えやすいですね!!

 

七草の意味とは?

□せり

香りが良く、胃や腸を整えたり、食欲増進、血圧を下げる作用があります。「競り(せり)勝つ」という意味もあります。

 

□なずな

撫でていつくしむ草と言う意味があり、江戸時代には一般的な野菜。肝臓の機能を整える作用

 

□ごぎょう

御形で、形は人を表します。せきやのどの痛みの緩和作用

 

□はこべら

「はくべら」が転じて、はこべらになったという説があります。「はく」は、繁栄の繁の字の「はん」を示し、また「べら」は茎が長い草を示し、そこから「繫栄が長くつづく」という意味もあります。

 

□ほとけのざ

ホトケノザは、「仏の座」で葉が地面にはりついて生えています。食物繊維が豊富です。

 

□すずな

すずなは、カブの別名。鈴菜で、ビタミンの種類が豊富です。

 

□すずしろ

大根の別名で、消化を助けてくれて、ビタミンが多いです。

 

七草粥を食べる意味とは?

先ほどの七草の意味からも、七草粥を食べる意味とは、正月の豪華な料理で疲れた胃を休め、肝臓などの内臓の機能を整えるという意味がある様です。

また、1月7日に七草粥を食べる事から、中国の風習である無病息災や立身出世を願うという意味も併せ持つとも言えると思います。

ラッキーセブンの7日という縁起の良い日に、またもや「」の付く7種類の新春の野菜を摂る事で、内臓もすっきりし、今年の福を呼び込むという感じがして、今年も是非七草粥を食べる予定です。

 

七草粥の由来や意味を子供に分かり易く説明するには?

 

ご家族で七草粥を食べる方もいらっしゃると思いますが、では子供に七草がゆを分かり易く説明するには何と言えばいいのでしょうか?

結構むつかしいですよね!!

ポイントとしては…

1月7日に、7種類の野菜で作ったおかゆ(七草粥)を食べる。

七草粥を食べる事で、お正月で疲れたからだを休ませ元気にする!

七草粥を食べて、病気にならない様に、大きくなって偉くなるようにとお願いごとをする!

という事が上げられると思います。

主にこの3点を盛り込んで、あとは子供の年齢に合わせて簡易な言葉の度合いを調整して話してあげると、理解してくれるかと思います。

1月7日に何となく草粥を食べるのではなく、この辺の意味も話しながら楽しく草がゆを食べて、今年もラッキーという幸運を呼び込む良い年にしたいですね!!

みなさんが、楽しい七草粥の日をお過ごし頂ければと思います!


スポンサーリンク