上野恩賜公園の桜の開花予想2017は?うえの桜まつりの見所と注意点

上野恩賜公園の桜の開花予想2017は?

上野恩賜公園 桜 画像

上野恩賜公園(上野公園)の桜は、東京でも屈指のお花見スポットですね!


スポンサーリンク


ニュースなどでも毎年そのお花見の様子が映し出され、多くの花見客でにぎわいます。

最近では、日本の花見を目当てに訪れる外国人旅行者も多く見られます。

そこで今回は、上野恩賜公園の2017年の桜の開花予想やうえの桜まつり、上野恩賜公園の周辺駐車場の情報などについてまとめてみました!!

上野恩賜公園の桜

 

上野は、江戸時代に3代将軍家光が江戸城から丑寅にある鬼門を封じる為に寛永寺を建立したことから栄え始めました。

そして上野恩賜公園の桜は、その寛永寺を1624年に立てた天海が吉野山から桜を移植して、今日ではソメイヨシノやヤマザクラ、サトザクラなど約40品目もの桜の木々があり、総数では約1200本もの桜の木があります。

 

上野恩賜公園の桜の開花予想2017

日本気象株式会社によると、現在の東京の開花状況は、19%という状況の様です。

東京の桜の開花予想日は、3月22日で、満開予想日は3月31日頃という予想が出ています。

⇒ https://n-kishou.com/corp/news-contents/sakura/news2017.html

(日本気象株式会社 web siteより)

ですので、その日から最初の週末である3月25日(土曜日)であれば満開はないものの最初のお花見日和で、その次の週末4月1日(土曜日)が満開後のベストお花見日和だと個人的独断で予想しました!!


スポンサーリンク

うえの桜まつりの見所

うえの桜まつりについてーその見どころは?

上野恩賜公園で行われる「うえの桜まつり」は、やはり人気の花見イベントで毎年多くの花見客でにぎわっています。

上野のお囃子保存会による大黒舞と寿獅子が清水観音堂境内にて行われたり、また草花市や青空骨董市などの催し物が多く開催されます。

そして何といっても「うえの桜まつり」の見どころと言えば、夜桜のライトアップです!

昼間の桜とはまた違った趣きがあって素晴らしいの一言。必ず一杯やりたくなる美しさです!!

(桜の季節でなくても、個人的には毎週一杯やってます!)

夕方になると約1000個のボンボリが点灯され、美しい夜桜をめでる事が出来ますので、夜も是非上野公園に行ってみて下さい!!

ボンボリ点灯時間は、午後5時から午後8時までとなっています。

 

うえの桜まつりの開催期間

今年2017年のうえの桜まつり第68回を迎え、開催期間は3月18日(土曜日)から4月9日(日曜日)(注:桜の開花状況により異なる)の予定で開催されます。

桜の開花が、3月23日とか24日と言われていますので、開花後の初めての週末である3月25日(土曜日)は、かなりの混雑が予想されます。お花見をするならば、朝早く行っての場所確保が必須となりそうです。

【お問い合わせ先】

上野観光連盟  電話番号 03-3832-0084

 

上野恩賜公園でのお花見の注意点とは?

上野恩賜公園でのお花見には、いくつかのルールが決められていますので、その注意点についてまとめました!

【お花見の宴会の時間な何時まで?】

宴会が出来る時間は、夜8時までとなっています。7時以降に園内放送があり、8時になるとボンボリが消灯されます。

【宴会終了時間以後の公園利用は?】

上野恩賜公園全域(不忍池の池畔エリアを除く)は、午後11時から午前5時まで立ち入り禁止となっています。午後11時までしか公園の利用はできませんので、宴会は早めに行って十分楽しみ、7時過ぎにはお開きで後片づけをして、スマートに帰りましょう。

「来た時よりも美しく♡」

【無人の場所取りは出来るの?】

無人の場所取りは禁止となっています。パトロールしている職員や警備員の方が撤去している様です。場所取り係が早めに行って、良い場所をキープしましょう!

(まだまだ寒さが残る時期ですので、防寒対策を万全にされて下さい!)

【喫煙の場所について】

上野恩賜公園での吸い殻入れを用意している場所は

・清水観音堂前

・西郷隆盛像わき階段下広場

・東京文化会館前

の3か所です。

上野恩賜公園の住所や地図や駐車場情報

上野恩賜公園の住所や電話番号、地図について

【住所】

東京都台東区上野公園5-20

【電話番号】

上野恩賜公園管理所 03-3828-5644

【地図】

【web site】

東京都公園協会

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index038.html

上野恩賜公園周辺の駐車場について

上野恩賜公園第一駐車場が近くにありますが、すぐ満車となりますので、やはり公共交通機関で行かれるのがベストだと思います。

【駐車料金】

普通車:400円(1時間まで)以後30分ごとに200円

【駐車台数】

100台

【営業時間】

9時から21時30分(入庫は19時30分まで

【電話番号】

03-3821-0755

【地図】

お花見の季節が今年も日本にはやって来ます!!

日本の花見の文化は今でこそ世界にも知られる様になり、この花見が目当てで日本を訪れる外国人観光客の方も多い様です。

日本では、いにしえより花見の文化があり、他国に行かずとも自国でこの様な素晴らしい桜を愛でる事が出来るのは、何と素晴らしい事でしょう!!

大輪の花を咲かせ、刹那の命で散り行く「もののあわれ」を感じさせる日本の桜

だからこそ、美しいと言えるのかも知れません。

今年も美しい日本の桜を愛でながら、お花見弁当をつまみつつ、一杯やる至福の時間がやって来ます。

[そして、私はご多分に漏れず、十中八九、毎年酔っぱらっています(涙)]


スポンサーリンク


著者:pallas

Fashion/ドラマ/芸能ニュース/ネットニュース/音楽/jazz/soul/beer/焼酎/政治/経済etc.あれこれ
    書いています!よろしくお願いします

Twitterフォロー

Twitterボタン

Hide DiaryのTOPに戻る