2016/09/06

仰げば尊し第7話あらすじとみんなの感想・無料動画あり!ひたむきに生きる事が夢を切り拓く!

仰げば尊し第7話あらすじとみんなの感想

仰げば尊し

仰げば尊し第7話、ついさっき見終わりました!


スポンサーリンク


地区大会で金賞、そして県大会出場決定ですね!

すばらし~~!!

まずは、仰げば尊し第7話のあらすじからです。

いよいよ「全国吹奏楽コンクール」の地区予選大会が始まった。大勢の観客が見守るなか、樋熊と美崎高校吹奏楽部による渾身の美崎サウンドが会場に響き渡る。ほどなく、審査結果の発表を迎える美崎高校吹奏楽部、ステージを祈る思いで見つめる樋熊たちは、全国への第一関門となる県大会出場の切符を手に入れた。青島や高杢、桑田ら歓喜に沸く部員たちに加え、渚や井川の家族たちも惜しみない拍手で健闘を称えた。一方、音楽留学に向けてレッスンに励む木藤良は、安保らからのメールで予選突破を知りホッとする。

その喜びもつかの間、病院で診察を受けた樋熊は、担当医の御堂(霧島れいか)から腫瘍が転移している可能性があると告げられる。それでも生徒たちを想い、手術を拒む樋熊の気持ちを察した奈津紀は、予選突破を祝う打ち上げの場で、樋熊が癌手術を受けるため県大会に出られないことを告げ、代わりに奈津紀が指揮を執ると宣言。その発言に動揺を隠せない吹奏楽部員たちだったが、樋熊の励ましと奈津紀の覚悟を前に、県大会突破の決意を固めた。
強豪がひしめく県大会まであとわずか……再び樋熊の指揮で演奏する日を夢見て、美崎高校吹奏楽部員たちの新たな挑戦が始まった。

引用:http://www.tbs.co.jp/aogeba-toutoshi/story/

仰げば尊し第7話、ドラマも終盤になり今回は特にかなり見ごたえがありましたね!

まず樋熊先生が手術の為に吹奏楽部の練習に出られなくなり、その心配もあってか心が定まらなくなり演奏自体も上手くいきません。そしてちょっとした事からメンバー同士が口論となります。

これを見かねた青島は、敢えて他意を込めて微笑を湛え、こう言い放ちます。

「これじゃ、練習にならねぇーな!」

そうして吹奏楽部のみんなは樋熊先生のお見舞いに行くことに。行ったら行ったで部のみんなも笑顔になり、元気そうな樋熊先生を見てみんなもひと安心といった所。そしてみんなが帰りながら他に何かできる事はないかと話していると青島だけが「悪い、先行っててくれ」ときびすを返し、来た道を戻って行くのでした。

ちょうどその頃、木藤良も花束を携え先生のお見舞いに向かっていて、病院の入り口で病院に入って行く青島を見つけます。

そして樋熊先生が手術の日を県大会と同じ8日にして貰い、みんなが県大会で頑張ってる日に自分は病院で手術を頑張りみんなと一緒に頑張りたいと病院の廊下で奈津紀に告げた時に、急に襲ってきた痛みで床にうずくまろうとしました。

その時に青島が「どうしたんだよ」といいつつさっと駆け寄り、樋熊先生に肩を貸そうと支えます。

するとその後間髪を置かずに木藤良が「大丈夫?」と駆けつけ、先生の左腕を取り支えるのでした。

う~~ん。青島君も木藤良君も、ちょっとというか、かなりカッコよすぎますね!おそらくこのシーンはツイッターでのみなさんの反応でも賞賛の嵐でしょう!

そして県大会も近づいてきて、井川にソロの演奏を聴いてアドバイスが欲しいと言われた木藤良は、自分が抜けた穴を埋められずにいる吹奏楽部の現状を知る事に。木藤良は意を決し奈津紀に「お願いします。僕も樋熊先生の力になりたいんです。」と告げます。

それを聞いていた青島は「お前の力はいらねぇーよ。いいから留学の事だけ考えろ!」

木藤良「留学はする。でも県大会には出たいんだよ!(途中略)もし突破できなかったら、先生には時間がないんだよ!」

それを聞いていた安保や高杢や桑田は、樋熊先生の病状が本当はかなり悪い事を知ります。

木藤良「もう一度僕に音楽をくれた先生に、、、お礼がしたいんだ!

青島「お前はプロになれ、、、それが先生の恩返しだろ!

そうかな?という安保の言葉で青島は振り返る

安保「俺たちが吹奏楽部入ったのって、先生のおかげじゃん。先生が背中を押してくれたからじゃん。俺は木藤良が県大会で恩返ししたい気持ち、分かるよ。なぁ!」と横にいる桑田に同意を求める

桑田「俺は、、、留学の事だけ考えてもらいてぇ。だって、コイツは俺らにねぇモン持ってんだよ。先生だって、そう思ってんじゃねぇのか?

高杢「でも、木藤良が一日でも戻ってきてくれるなら、俺はうれしいし!」

桑田「黙ってろよ」

高杢「だって大事な一日になるし!!!やっぱり、俺たちは5人で一つだし!また先生とステージに立ちてぇーし!」涙でうつむく高杢。

先生を思う気持ちと木藤良の事を思いやる仲間たちの心が紡ぐ、珠玉の宝物の様な言葉が詰まった素晴らしいシーンでした。個人的には安保の云う事も分かりますし、桑田の云う事も分かります。でも留学はする気になればいつでもできますが、あの日あの時、仲間が集まって夢を叶え、共に笑い、共に泣き、進む道を示してくれた先生に恩返しできる今この時は、今しかないのです。

そして最後に木藤良は青島に「お前がハンパな気持ちで戻ったら、みんなが傷つくんだよ!」と言われ、その場を立ち去ります。

ある夜、木藤良は樋熊先生の病室を1人で訪ねます。そして自分の心のモヤモヤへのアドバイスを求めたのでしょうか?一生懸命に生きても、分からない事だらけと先生に言うと、樋熊先生は木藤良にこう伝えます。

 「何かに迷った時は、自分の心と向き合うんだ。自分の心に素直に従えばいいんだよ!ひたむきに生きる事が夢を切り拓く!」

そう言われた木藤良は少し頷き、何かを決心した面持ちとなり「先生、手術頑張って下さい」と言い残し、病室を立ち去ります。

そうして県大会の演奏が始まる前のギリギリのタイミングで、木藤良はおそらく自分の心に素直に従い、そして今回はハンパな気持ちではなくマジな気持ちで、県大会の演奏を控えた吹奏楽部のみんなの居る控室に駆けつけます。

そこで木藤良はみんなに、そして青島らに向かってこう言います「やっぱり僕もステージに立たせて下さい。」

青島に来るなといっただろうと言われた木藤良は更に続けます。「樋熊先生が頑張ってるんだから、僕も最後まで、、一緒に頑張りたいんだよ!県大会を突破して、全国を目指す!」

桑田にそんなことしたら留学できないぞと言われても、木藤良は更に続けます。「そっちの夢も、、いつか叶える。でも今は樋熊先生と一緒に全国の夢を叶えたい!先生はここには居ないけど、だからこそ、、、先生一緒に吹かせて下さい。みんな、もう一度仲間に入れて下さい」と言って、深く頭を下げる。

長い沈黙のあと、青島は木藤良にゆっくりとこう言います。

「蓮、足引っ張んなよ!」

みんなに笑みがもれて、場が和み、これで全員がまた揃い県大会本番の演奏に臨みます。

仰げば尊し第7話も心が熱くなる、感動のストーリーでしたね。樋熊先生はついに手術室に入り、手術が始まります。先生の手首にはみんなのオレンジ色のミサンガがあります。オレンジ色のミサンガの意味は、「希望と友情の証」希望が叶い、全国大会と樋熊先生の手術が成功するのを祈ってやみません。

今回の5人のみんなのセリフが素晴らしく感動どころではない感涙にむせぶという感じでした。そして樋熊先生の「ひたむきに生きる事が、夢を切り拓く!」という言葉がこの7話を見終わった今も強く私の心に刺さっています。一生懸命に生きる事が大事なんだと言った樋熊先生の言葉を大事にしていきたいと思いました。

ここで仰げば尊し第7話に関するツイッターでのみなさんの反応をどうぞ!

 

本当に仰げば尊しは、素晴らしいドラマです!TBSの日曜9時のこの枠はほんとすべりませんね~~!

来週は仰げば尊し最終回です!大泣きの予感がするので、月曜の会社で目が腫れない様に涙我慢して見たいと思います。

(いや~最終回は残念過ぎ。というか映画化して欲しい、そしてもっとじっくり見たかった~~)

「ひたむきに生きる事が夢を切り拓く!」

この言葉を心に刻み、ひたむきに生き、夢を切り拓きたいと思います!

吉田松陰先生-名言

 


スポンサーリンク

仰げば尊し第7話の無料動画あり!

仰げば尊し、最終回前の第7話も涙、涙の感動のストーリーでしたね!

もし今回の仰げば尊し第7話を見逃した方は、TBS FREEで期間限定で動画が無料で見られますので、見てみて下さい!!

仰げば尊し第7話 無料動画(TBS FREE)配信期間:2016年9月11日(日)20:59まで

⇒ http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/aogeba-toutoshi/007.html


スポンサーリンク


著者:pallas

Fashion/ドラマ/芸能ニュース/ネットニュース/音楽/jazz/soul/beer/焼酎/政治/経済etc.あれこれ
    書いています!よろしくお願いします

Twitterフォロー

Twitterボタン

Hide DiaryのTOPに戻る