安倍川花火大会の歴史や見所は?穴場スポットとアクセス方法をご紹介!

安倍川花火大会が静岡の夜空を彩る時期がもうすぐやってきます!

行ってみたい花火大会ランキングでも上位にランクインする、東海地方でも人気の花火大会です!


スポンサーリンク


そこで今回は、安倍川(あべかわ)花火大会について以下のテーマに沿ってまとめてみました!

 

・安倍川花火大会の歴史

・安倍川花火大会の見所は?

・安倍川花火大会の穴場スポット

・安倍川花火大会のアクセス方法

などについてです。

安倍川花火大会について興味をもって頂ければと思います!!

 

安倍川花火大会とはどんな花火大会?

 

安倍川花火大会は、その質と量ともに静岡でもトップクラスの規模を誇る、県内でも人気のある花火大会です。

安倍川(あべかわ)は、江戸時代初期に徳川家康の治水工事によって、現在ある安倍川の形となりました。

和菓子「あべかわもち」のあの安倍川(あべかわ)ですね!

その由来は、江戸時代の始め頃、当時安倍川上流で採取されていた砂金をきな粉に見立てて、ついたお餅にまぶし、「安倍川の金な粉もち」として徳川家康が店を訪れた際にもてなした所、大いに喜ばれた事から「安倍川餅」となったという話があります。

そう考えると、結構歴史ある河川ですね。

その安倍川の河川敷において、安倍川花火大会は7月の最終土曜日に開催され、打ち上げ花火の数は約15000発、例年の人手は約60万人とその人気の程をうかがわせる花火大会となっています。

ちなみに雨天の際は、翌日に延期されます。

 


スポンサーリンク

安倍川花火大会の歴史

安倍川花火大会 写真

安倍川花火大会の歴史は、先の大戦で犠牲となられた市民の方々への慰霊と鎮魂の意味を込めて、昭和28年(1953年)に民間で始められた花火大会です。

1945年の6月19日深夜、現在の静岡市葵区・駿河区の市街地がBー29爆撃機によって空襲を受け、一面焼け野原となりました。

これが「静岡大空襲」であり、その記憶を風化させない様にとの思いから、田町地区の青年団より「安倍川で花火を上げよう!」という案が持ち上がりました。

「二尺玉の花火を打ち上げよう!」という思いから、その購入資金を集める為に、御神輿を担いで静岡市内を回ります。

なんとか花火を上げる資金は集まったものの、当時はまだ日本はGHQの統治下だったので、花火を打ち上げる許可が必要でした。

許可を得る際に、上空何メートルはダメとか規制が掛けられましたが、特殊玉だという事で許可を得て、花火は打ち上がります。

空襲で焼け野原となって復興に歩を進めていた静岡の街を勇気づける様に、美しい花火が当時上がったそうです。

そうして安倍川花火大会は、60回を超えるまでになり、人手も60万人を超え、東海地方でも有数の花火大会となりました。

 

安倍川花火大会の見所は?

安倍川花火大会の見所は、大仕掛け花火や、尺玉、フィナーレの巨大なワイドスターマインなどが主にあります。

 

大仕掛け花火

この大仕掛け花火は、三菱電機提供のもので、かなりの迫力がありますね!

やはりこういう仕掛け花火も花火大会の一つの見所で、とても楽しめます!

本当に花火師の方々の仕事は素晴らしいですね!!

フィナーレのワイドスターマイン

例年フィナーレ近くの午後8時55分頃から有名花火業者であるイケブンさんが打ち上げられるワイドスターマインがやはり大きな見所となっています。

安倍川花火大会のフィナーレという事で、すごい迫力と花火の美しさが堪能できる素晴らしい花火です!

安倍川花火大会の穴場スポット

安倍川花火大会は例年約60万の人手で賑わう人気花火大会ですので、やはりあり得ないくらい混雑します。

(まぁ、どこの花火でもそうでしょうが…)

人気スポットで花火を見るのも鉄板で良いと思いますが、行きと帰りの混雑は覚悟しなければなりません。

やはり穴場スポットでゆっくりと花火を見たいな~と思うのが人の性でしょう。

 

そこで、安倍川花火大会の穴場鑑賞スポットを幾つかご紹介したいと思います。

ご参考になれば幸いです!!

アピタ静岡店の屋上駐車場

 

アピタ静岡店の屋上駐車場は、安倍川花火大会の花火が見られる穴場スポットです。

花火当日は無料開放されています!

トイレもアピタにあるので、心配ありませんし、食べ物や飲み物も買えるので、かなり条件のいい穴場スポットとなっています。

【住所】

静岡市駿河区石田1丁目5-1

【電話番号】

054-654-4600

【交通アクセス】

静岡駅南口から徒歩約20分ほど

田町緑地スポーツ広場

田町緑地スポーツ広場も安倍川花火大会の穴場スポットの一つです。

迫力ある花火をこちらで鑑賞できます!
【住所】

静岡市葵区田町1丁目地先安倍川河川敷

【電話番号】

054-221-1071

【アクセス】

新静岡駅から徒歩約40分

 

静岡商業高校前の土手

 

静岡商業高校前の土手も絶好の花火穴場スポットです。
素晴らしい安倍川花火を楽しめます!

【住所】

静岡市葵区田町7丁目90

【電話番号】

054-255-6241

【交通アクセス】

静岡駅より徒歩約37分

安倍川花火大会のアクセス方法

有料シャトルバスで行く

安倍川花火大会の当日は周辺で交通規制が敷かれますので、車で行く場合はかなりの混雑となります。

静岡県庁南シャトルバス乗り場から花火会場までは有料のシャトルバスが運行されていますので、そちらで花火会場まで行くアクセス方法もあります。

ただ交通状況によっては、渋滞等によりかなり時間がかかる場合もありますので、若干リスクありますね!

この場合、県庁南シャトルバス乗り場までは静岡駅から徒歩約10分くらいです。

徒歩で行く

シャトルバスも道路を走っている限り、安倍川花火大会当日には渋滞の可能性があり、時間によっては花火のスタートに間に合わない可能性もありますよね。

(少し位の余裕を持って出ても、結局渋滞でその余裕分が帳消しの事も…涙)

「急がば回れ」

結局は、歩いて行くのが割と確実だったりします。

静岡駅から安倍川花火大会会場までは、距離にして約2.8キロ、徒歩で約35分です。

JR静岡駅から呉服通りを経て、七間町通り、駒形通りというルートで、途中歩きながらでも楽しめる様にイベントが行われていますので、ゆっくり散歩がてらという気持ちで歩いて行くのも良いかもしれません。

詳しくは、以前の安倍川花火大会の徒歩ルートマップをご参照下さい。

⇒ http://www.city.shizuoka.jp/000724750.pdf(静岡市のサイトのPDFへ)

安倍川花火大会 各種データ

【花火打ち上げ場所】

静岡市葵区田町七地先 安倍川橋上流側河川敷

【花火打ち上げ場所の地図】


【花火打ち上げ時間】

午後7時から午後9時まで

【お問い合わせ先電話番号】

054-221-7199(安倍川花火大会本部)

【交通アクセス】

JR東海道本線「静岡駅」より徒歩約40分

(静岡県庁前から有料シャトルバス運行予定)

 

安倍川花火大会の歴史や見所は?穴場スポットとアクセス方法をご紹介!というテーマで、以上駆け足で見てきましたが、如何でしたでしょうか?

 

安倍川花火大会は、花火大会自体を次世代に伝えると共に、そういう思いも次につなげる花火大会でもあります。

そう思うと、安倍川花火大会も違った風に感じてきます。

平和への祈りを込めて、慰霊の思いを込めて、今年も安倍川の花火大会は行われます!

 


スポンサーリンク