節分の日の由来と豆まきをする理由や豆を食べる意味の子供向け簡単な説明とは?

節分の日の意味や由来とは

節分の日の意味や由来とは、どういうものでしょうか?

豆まきや豆を食べる事が思い出されると思いますが、そもそもの意味や由来がどういうものか説明できなかったので、いろいろ調べてみました。


スポンサーリンク


節分イラスト

節分とは?その意味や由来

節分とは、読んで字のごとく「季節を分ける」という意味で、季節の移り変わりの節目をあらわしていました。

ですので、節分とは本来は立春や立夏、立秋、立冬の前日の事です。

旧暦では立春の頃が一年の始めとされていて、とても大切な日とされていました。

そして、これが江戸時代以降は、節分と言えば、立春の前日を示すようになりました。

 

豆まきをする意味や理由は?

節分には、「鬼は外、福は内」と豆まきをしますが、豆まきをする意味や理由は何でしょうか?

豆まきの由来

旧暦では立春の頃を一年の始まりである新年とされていたので、その前日である節分は、大みそかにあたります。

その様な季節の移り変わりの節目には邪気(鬼)が生じると考えられていたので、それを払うための行事が行われていました。

平安時代初期には、この邪気(鬼)や旧年の厄や災難を追い払う「追儺(ついな)」という宮中行事があり、これが室町時代以降に炒った豆で鬼を追い払う形となり、現在の豆まきとなりました。

豆まきの意味や理由

豆まきには、豆とは「魔を滅する魔滅(まめ)」という意味があります。(中国からの俗習から)

またこの豆まきの豆とは、魔の目で魔目(まめ)という意味もあり、豆まきをすることで邪気を払うという理由から行われてきました。


スポンサーリンク

豆を食べる意味とは

では節分に豆まきをして、豆を食べる意味とはどういうものでしょうか?

節分の豆は炒った豆を使う事とされ、豆を炒る事が「魔を射る」ことに繋がり、節分の豆は福豆とされてきました。

この邪気を払った福豆を食べて体内に入れる事で、健やかに過ごせる様にと健康を願った様です。

そして、自分の数え年として、一つ多めに豆を食べる事で、来年も健康に過ごせる様にと言う意味を込めて、一つ多めに豆を食べるという理由があります。

節分という日本の良き風習を大切にして、実際に家族で豆まきを行う事で、次世代へと語り継がれるようにして行きたいものですね!


スポンサーリンク


著者:pallas

Fashion/ドラマ/芸能ニュース/ネットニュース/音楽/jazz/soul/beer/焼酎/政治/経済etc.あれこれ
    書いています!よろしくお願いします

Twitterフォロー


Twitterボタン

Hide DiaryのTOPに戻る