逃げ恥の最終回第11話のあらすじとみんなの感想!逃げても時に泣いても笑っていけますように!

逃げ恥の最終回第11話のあらすじとみんなの感想

逃げるは恥だが役に立つ-ドラマ

逃げ恥の最終回が遂に始まってしまいました!


スポンサーリンク


最終回とは書きたくなかったですが、最終回の様です。

まずは、逃げ恥最終回11話のあらすじからです!!

 

逃げ恥の最終回第11話のあらすじ

みくりは、何となくモヤモヤしていた。

自分が好きな人からの結婚の提案だったが、それが「リストラされたので、結婚すれば家事労働がタダになり、メリットがある」という風に聞こえてしまい、納得できなかったからだ。

ハグの日の火曜でも、ハグは二人にはなく、距離が出来てしまっていた。

そして平匡自身も、みくりが言った「好きの搾取」という言葉が頭から離れず、自分を好きで居てくれるなら、自分の提案を受け入れてくれると思っていた自分の思いあがりを責めていた。

そこでみくりと平匡は話し合うことに…。

みくりは商店街の青空市の副業を本業がおろそかにならない程度でやって居る事を平匡に打ち明けます。

そして、みくりは続けます。

「主婦の生活費=最低賃金」

一般企業なら多くの人が居て人事移動もある。昇給や賞与などで客観的に評価するシステムがあるが、夫婦だと奥さんを評価するのは夫だけ。夫が評価しなければ妻は誰からも評価されない。

なので、「主婦労働」の対価は、この最低賃金+雇用主の評価(愛情)とみくりは結論付けます。

それに対して平匡は、そもそも主婦は、従業員なのか?夫が雇用主で妻が労働者という時点で間違っていて、主婦も家庭を支える立派な職業になると考えれば、夫も妻も共同経営責任者。雇用関係でない、新たなシステムの再構築が必要だと言います。

ここで、(真田の六文銭ではないですが、五円玉を6つならべて、NHK真田丸のOPの曲がバックに流れながら…)家庭を一つの会社だと考え、家庭を二人で運営していくという303カンパニーの第一次経営責任者会議のスタートです!!

平匡の再就職先で希望している会社は、これまでの会社より収入も安定性も劣る会社ですが、新しい事への挑戦の魅力がある。でも収入はこれまでの半分となる。

それに対してみくりは、自分が外で働いてその減収分を補てんする案を出します。新たなライターの仕事をしつつ、青空市の仕事も同時にこなす事で収入減をカバーするというものだった。

 

しかし、フルタイム労働となるので、家事がおろそかになる可能性が…。そこで平匡は、みくりCEOが引き受けた仕事は303カンパニーが引き受けた仕事でもあるので、家事の分担を提案します。

 

また百合ちゃんは、部長昇進の祝杯をあげていたいつものバーにやってきた風見を部屋に誘った通り、風見は百合ちゃんの部屋にやってきた。

そこで百合ちゃんは、自分の人間ドックの結果を見せながら、骨密度の低下など年々ひっかかる項目が増えるともらしながら、彼女にとって自分よりも17歳年下の風見は、どこまでいっても「甥っ子」という感を拭えない事を告げたのだった。

それは彼女から風見への、ある意味お断りの言葉だった。表面上は…。

 

その後、自分の部長昇進のお祝いをかわいい部下とした帰りに、百合ちゃんはナツキと少し歩いていた。

イケメン風見との恋仲の進展具合を聞かれて、ナツキにあれこれ考えるのがイケないと言われつつ、ナツキは自分は好きな人に会えない事を吐露する。

そう言うのは、自由に好きな人に会える人への嫉妬だと言うナツキ。その言葉にハッとする百合ちゃん。

 

みくりは落ち込んでいた。というのも家事分担を決めた後で、平匡がご飯を炊くのを忘れていた事に腹を立て事で平匡と妙な距離が出来てしまったからだった。

分かってはいても、自分の小賢しさが出てきてしまい、自分で自分が嫌になる。自尊感情が低いのは自分ではないか?と自分を責めてしまうのだった。

そうして行われた303カンパニー共同経営責任者会議でも、いっそのことシェアハウスみたいに、自分の事は自分でやると言いだす始末。そして、みくりは小賢しい事を言う自分ではなく、週一の家事労働を雇った方が平匡にとって良い事だと言って席を立ち、お風呂場にこもってしまう。

平匡は思うのだ。みくりが心のシャッターを閉ざしてしまったのは、自分が以前閉じてしまったものと同じかもしれない。そのシャッターを何度も何度もノックしてくれて来たみくりとのシーンが思いだされる。

みくり「私の恋人になって貰えませんか?」

みくり「スキンシップはどうでしょう?まずはハグから!!」

自分の心のシャッターをノックしてくれたみくりに対し、今度は平匡がお風呂場に閉じこもったみくりに赴き、お風呂場のシャッターを実際にノックしてこう言葉を続ける。

平匡「面倒を避けて、避けて、極限まで避け続けたら、食べるのも息をするのも面倒になって、限りなく死に近づくのではないでしょうか?生きて行くのって、めんどくさいんです。それは独りでも二人でも同じで、それぞれ別のめんどくささがあって、どっちにしてもめんどくさいんだったら、一緒に居るのも手じゃないでしょうか?ムリな時は時間を置いたり、だましだましでも何とかやっていけないでしょうか?やってやれない事はないんじゃないでしょうか?

みくりさんが自分の事を普通じゃないと言いましたが、僕からしたら『今更?』です。とっくに知ってました!大したことじゃありません!!世間の常識からすれば、僕たちは最初っから普通じゃなかった!『今更』ですよ!青空市楽しみにしてます。おやすみなさい」

そうして、みくりは涙ながらに思うのだった。

みくり「上手くいかない時…待っていてくれる人、信じてくれる人、見失っちゃいけない。立て直そう、ひとつひとつ。立て直そう、ゆっくりでも!」

そうして、青空市当日を迎えます。

百合ちゃんと沼田新太氏が一緒にやって来ました。そして、例によって例のごとく、日野氏は子供の熱で来られそうにありません。

のハズでしたが、それはウソで、初めてのみくりと日野氏の対面。と、そこに「津崎さ~ん!」と呼ぶ声があり、日野氏の奥さんである乙葉、じゃなくて奥さんが子供と共にやってきていた。

とそこに、バーのマスターは風見を連れ立ってきていた。マスターは気を利かせ沼田氏を連れて行き、百合ちゃんと風見を二人きりにする。

神社の裏で、風見は百合ちゃんに喧嘩を売ったポジティブモンスターの伝言をこう伝えた。

「幸せな50歳を見せてみろ!!」

喧嘩売ってるじゃないと言う百合ちゃんに対し、並んで神社の壁にもたれながら風見はこう言った。

「僕は、百合さんが好きです。きちんと言いたくて」

そして百合ちゃんは、その風見の思いを受け止め、自分の思いにも素直になってみてもいいかなと思った事を告げ、風見の思いを受け入れます。

百合ちゃん「逢いたくて さみしかった!」

二人はハグをしながら、風見は百合ちゃんの額に敬愛のキスをするのだった。

めでたし、めでたし!

 

大盛況の青空市を、平匡とみくりは二人並んで眺めています。

青空市をまたやりたいか?と平匡に聞かれたみくりは、条件次第と言い、発見もあったと返します。

つまり、派遣社員の時はさまざまな提案をしても上司は求めてなくて、自分の小賢しさがウザがられた。自分の小賢しさはどこへ行っても嫌われていたが、青空市の仕事では喜んでもらえ、小賢しさで出来る仕事もあると発見出来たと言うみくり。

小賢しいを連発して、それが自分の欠点だと言うみくりのそばで平匡は目をパチパチとさせて、こう言ってのける。

「小賢しいって、何ですか?僕は、みくりさんの事を小賢しいと思った事など、一度もありません!」

と返すやいなや、みくりは平匡を深く抱きしめる!そして、平匡もみくりを深く抱擁する。

みくり「ありがとう…。大好き!!!」

みくりの発した「大好き!」という言葉は心の奥から絞り出された、大好き!だった。そう、巷に溢れる決して軽薄な「大好き!」ではなかった。

私たちを縛る全てのモノから、目に見えない小さな痛みから、いつの日か解き放たれて、時に泣いても、笑って行けます様に!

たくさんの道の中から 思い通りの道を選べたり 選べなかったり 

どの道も めんどくさい日々だけど 

どの道も いとおしい日もあって

逃げてしまう日があっても

深呼吸して 別の道を探して

また戻って…

良い日も 悪い日も

いつだって また 火曜日から始めよう♡


スポンサーリンク

逃げるは恥だが役に立つ-逃げ恥最終回第11話のみんなの感想!

今回の逃げ恥最終回もやっぱちょっと面白くて、深いストーリーでした。

ここで逃げ恥最終回11話のみなさんの感想と反応です!

逃げ恥の最終回11話を2度目を先ほど見終わりました。

みなさんのツイートを見ていると、2度見たというコメントも多く見られ、オンタイムと録画でも両方見てる方が本当に多いと感じました。確かオンタイムよりもタイムシフト視聴率の方が高く、その両者を足した新たな総合視聴率という基準でも、逃げ恥はトップだそうですね!

正に社会現象となった逃げ恥でした。

今回の逃げ恥最終回11話でも、多くの事を考えさせられました。

まず、夫婦とは何なのか?それに対し、まず主婦の家事労働から考えます。

主婦の生活費=最低賃金としながら、それだけでは不十分で、会社の様にマルチでの関係ではない夫婦はバイの関係で、奥さんの家事労働の評価は夫の評価(愛情)だと逃げ恥ドラマでは言っています。

Chief Executive Officerを持ちだし、「家庭」というものを共に経営するCEOが夫婦のあるべき関係性だとしています。

なるほど、そうだと思いましたし、みくりにとって平匡はどういう存在なのかも、今回明確になりましたね。

つまり、みくりがお風呂場に閉じこもった時、自己否定に走るみくりを、今度は平匡が救います。

みくりはその時、上手くいかない時に、平匡という待っていてくれる人、信じてくれる人が居る事で自分を立て直そうと奮起出来たのだと思います。

これを見て、だから夫婦でいる、夫婦になる意味があるのだなと感じました。

 

また、百合ちゃんと風見との恋が実って、ホットしましたし、めでたし、めでたしと思いました。

と同時に、キャリアウーマンで仕事を第一で生きている女性に対しての、この逃げ恥というドラマからのエールだとも受け止めました。

そして、数話前にナツキが百合ちゃんにエレベーターの中で発した言葉を思いだしました。

「生きて会えるんだから!!!」

恋愛の相手に、病気や事故などで生きて会えない人もいるでしょう。

17歳の年の差があっても、今、百合ちゃんと風見の二人は生きている。

からこそ、恋心を募らせる事も出来るし、恋が出来る。

生きているからこそ、告白して、結果が叶わなかったとしても、ショックを受ける事が出来る。

「ショックを受ける事が出来る」というのは、変な表現ですが、ショックを感じる事が出来るのは生きているからこそ。

ならば、この「生きている」からこそ出来る事を十二分にやろう、そう思ったから百合ちゃんは風見にメールをしようと思ったし、風見の思いを受け止めようと、自分の思いに素直になろうと思ったのではないでしょうか?

 

そして、最後のシーンでみくりと平匡は深く抱擁します。小賢しいとしか自分を思えなかったみくり、そのみくりの本質をしっかり理解できたのは平匡で、みくりは小賢しくないと言いきった平匡にみくりは、心底救われたのでしょう!

みくりは、初めて評価されたのではないでしょうか?

それは平匡も然り。平匡も自己肯定できませんでしたが、みくりによって恋愛に臆病にならずに、進んで行けた。通過儀礼も経験できた。

お互いが、お互いにとって良き理解者。上手くいかない時でも待っていてくれる人、信じてくれる人がそばに居るから、二人で生活していく!

つまり、みくりと平匡の関係性は、星野源の♪恋にもある通り、夫婦を超えて、お互いの人生をお互いの理解者が共に手を携えて人生を進んで行く共同パートナーなのではないでしょうか?

なので、二人が幸せならば、結婚という制度は関係ないのかもしれません。

というか、今日に於ける男女の関係性(もしくは、男男や女女の関係性)が結婚という制度よりも先に進んでしまっているから、従前の結婚という制度でカテゴライズすると、齟齬が出てきてしまっているのかも知れないと感じました。

私は、結婚制度の否定論者ではありません!!

「私たちを縛る全てのモノから、目に見えない小さな痛みから、いつの日か解き放たれて、時に泣いても、笑って行けます様に!」

この言葉はおそらく、脚本家の野木さんの言葉でしょう。

「時に泣いても、笑って行けます様に」

良い言葉ですね!この逃げ恥がパロディーなどで面白かった理由がここにあると感じます。

難しい顔しても、苦しい顔しても、やらなくてはいけない事は変わらない。ならば笑って行った方が徳です。

上に同じ。あと今年も10日ほど。そしてあと数日でクリスマス。2016年の終わりは個人的には、明確に、逃げ恥と共に終わったと断言できます。

面白くて、楽しくて、億劫な月曜日もあすは逃げ恥だから軽くなり、いろいろな人への温かいエールに溢れ、時として考えさせられ、前向きになり…。逃げ恥の良さをあげると枚挙に暇がありませんが、温かい気持ちになれて、ほっこりするというか…。

この逃げ恥というドラマを見て、楽しくて、前を向けますし、幸せな気分になれました。

逃げ恥、素晴らしいドラマをありがとう!!

 

 

【二 伸】

年明けから逃げ恥2を放送して貰っても、全然構わないですよTBSさん!!

オレはいつでも準備OKです!!

というか、マジで頼みます(涙)


スポンサーリンク


著者:pallas

Fashion/ドラマ/芸能ニュース/ネットニュース/音楽/jazz/soul/beer/焼酎/政治/経済etc.あれこれ
    書いています!よろしくお願いします

Twitterフォロー


Twitterボタン

Hide DiaryのTOPに戻る