2016/11/08

逃げ恥第4話のあらすじとみんなの感想!【朗報】毎週火曜日はハグの日!

逃げるは恥だが役に立つ-逃げ恥第4話あらすじ

逃げるは恥だが役に立つ-ドラマ

逃げるは恥だが役に立つ、逃げ恥の時間が、ついに今週もやって来ました!


スポンサーリンク


ハグハグしたい今日この頃です♡

前回から1週間、よく待ちました!!

予告編から「みくりのシェア」ってありましたが、どゆ事?なんでしょうね???

津崎とみくりが離れてしまうのでしょうか??

まずは、逃げ恥の第4話のあらすじからどうぞ!!

逃げるは恥だが役に立つ、逃げ恥の第4話のあらすじ!

ついに恐れていた事が現実のものに?

つまり、津崎とみくりの契約結婚が、風見に見抜かれてしまったのだ。

動揺する津崎をよそに、風見はそういう関係が理想と言ってのける。

その上、風見は津崎に週1回みくりをシェアさせて欲しいという希望を伝えていたのだった。

そう言われた津崎は、「みくりをシェア」という言葉がモノを扱っているみたいでイヤだと思いながらも、みくりにその事を伝える事が出来ないままズルズルと時が過ぎて行った。

しかし、実はみくりの方は既に風見からシェアさせて欲しいという事を聞いていたが、みくりはみくりのやり方で津崎の前で「シェアハウス」などと言ってみて、津崎の方から言いださせる様にするのだが...。

 

その後、みくりは急に歯が痛み始め、歯医者に行ってみると、歯のかぶせものが必要な程悪化していた。セラミックでの治療だと95000円もかかる事に。そんな時に別の出費がかさむもので、みくりのお金のやりくりは火の車に。

そういう状況でみくりは、風見から言われていた「みくりのシェア」の提案を思い出し、金欠を乗り越える為に風見のシェアの提案を受け入れる決断をする。

そしてついに、みくりが風見の家でも働くという「みくりのシェア」が始まる事に。

そうすると津崎は、みくりに対して更に距離を置き始め、話す頻度も減ってしまい、みくりとの雰囲気も険悪な状況に。

しかし、そんな場でハートフル坊主の沼田新太さんの話を振ると、みくりと津崎の話が弾み...。沼田に感謝するみくりであった。

その津崎は、会社で風見に対して以前に比べ引いた態度をとっている事で、「沼田新太」(注1)は新たな疑義を持ち始める。

みくりと風見は距離が縮まって行くのに対して、みくりと津崎は距離が離れていっている様で...。

津崎は、みくりに対して自分の中で起こる感情を整理出来ないまま、みくりと距離を置く事を決心し、津崎は風見と立場を交換しても良いと言い出す始末。

(注1)沼田の名前は沼田頼綱で、沼田頼綱を演じる古田新太さんですが、長すぎるので、ここでは沼田新太さんと言っておきます!


スポンサーリンク

逃げるは恥だが役に立つ-逃げ恥第4話のみんなの感想!

逃げ恥、先ほど見終わりました!

みくりのシェアは、衝撃的でしたが、終わってみるとやっぱ期待を裏切らず面白かったですね

ここで、ツイッターに寄せられたみなさんの感想・反応をご紹介します!!

今回の逃げ恥4話の終わり方には、ホント参りました!(泣)

って言うか、マジで来週まで待てないので、TBSさん、次回の話を見るのに課金して貰っても良いので、今すぐ見せて~~

と言う位、平匡氏の回答が待ちきれないですね!!ムズムズ

平匡さ~ん、何にも難しく考える必要ないですよ!ただ二言いえば良いだけです、「はい♡」と!!それだけ

 

で、今回もパロディーのオンパレードでした。エヴァンゲリオンあり、NHKEテレありーの、そして再度の情熱大陸!

こうなったら、「情熱大陸」さん、今度は「情熱大陸」で逃げ恥の特集やっちゃいますか!!(笑)(あったら、マジえる)

そうです、逃げ恥の素晴らしさは、笑いだと思います。

ドラマ全てから、そしてドラマ終わりに出演者みんなでダンスしたりする所からも、このドラマで視聴者を楽しませたいという思いがビシバシと感じられるのです。

なので、やはりパロディーもぶっこんで来ます(笑)また笑いです。これを書いている私自身も、今笑っています(私は、ヘンな人ではありません

つまり、ドラマもいろいろなドラマあるでしょうが、少なくとも逃げ恥は、みんなを楽しませるドラマだと思います。なので、ツイッターで「#逃げ恥」のハッシュタグをつけてツイートしている方のコメントの多くに、「面白かった」とか「楽しかった」とか、「笑った」などの言葉が見られます。

そして笑いだけでなく、逃げ恥は社会についても鋭く言及するドラマでもあると同時に思います。

それは例えば今回の第4話も前回に続き「労働」というテーマが挿入されていました。

それは津崎氏の「マイナスを、従業員の財布から補てんするなんて、まるでブラック企業です」というセリフからも感じられます。

そして津崎がブラック企業に努めていた過去をみくりに話すシーンがあり、仕事もきつかったが、上司がコンビニで買い物を頼んだ挙句、自分からお金を払わないと言っています。

それとは対照的に、津崎はみくりの「労働」に対し、こと細かに労働の対価、つまりお金を計上していきます。しかも、ちょっとした残業(?)的な事にさえも。

これは、原作なのか脚本なのかは原作を読んでいないので不明ですが、「労働に対しては必ずその対価を払うべし」という逃げ恥というドラマのメッセージだと思います。

労働に対して金銭という対価を払うのは当然と言えば当然の話で、これまで日本ではこれが行われていませんでしたし、且つ労働環境も劣悪な仕事が多かったのではと推測しています。

最近でも某大手広告代理店の女性社員が残業続きで自殺した事もありました。逆に残業代を払えば、幾ら残業させてもいいという事でも当然ありません。逃げ恥では、津崎はみくりの労働環境を良いモノにしたいと言っていたシーンもあったと記憶しています。

フランスではバカンスが日本では考えられない位長期で取れたり、ドイツでは有給休暇は完全に取らせなければならないという法律があるそうで、なのでドイツ人はそんな長い休暇で自国に居てもアレなので、旅行に出かける人が多いと聞きました。世界の旅行者では、ダントツでドイツ人が割合で多いそうです。

そんなに休暇を取っても、また残業をほとんどしなくても、ヨーロッパの先進国はそこそこのGDPを保ち、先進国の地位を保っています。

さて、日本ですが、体と精神を疲弊させる程残業して、お父さんが育児に関われないほど残業の毎日で、やっと世界3位のGDPを死守しています。

なぜに大手広告代理店でさえも、入社半年の夢も未来もある新入社員が自ら命を絶たなくてはならなかったのでしょうか?

そろそろ、マジで労働という事を、日本は考え直す時期に来ていると考えます。

社員の総残業時間が一定の時間を超過すると、法人税の割増が増える様にして、過度な残業が企業にとって損失になる様にするとか?

または、基本残業は不可で且つ副業OKにして、副業したい人は仕事終わりに趣味でbarを開店するとか?趣味ややりたい事でアフター5を使える様にして個人所得を増やし、年金への依存度を低くして年金不安を若干やわらげて個人消費を増やす方向に持って行くとか?

などなど、今夜の逃げ恥4話を見て、個人的に徒然に妄想してしまいました(汗)

また今回の逃げ恥第4話では「みくりのシェア」がメイントピックでしたが、人をシェアするという事が、ヒトをモノみたいに扱っているのではという事にもドラマ逃げ恥では繊細な注意が払われています。それは冒頭のあらすじでも触れましたが、津崎はそれに対する忌避感をセリフで語っていました。その事を分かった上での、ストーリーを展開させる上での仕掛けだった様です。

これも、みくりという労働者をモノとして扱うな!!人として扱え!!と言っている様に感じられて...。スミマセン、これも私の妄想でしょう...。

てな事も妄想しながら、そしてやはり笑いながら、みなさんのツイートの熱いメッセージを読みながら、夜はふけて行きます。

あはは、やっぱ逃げ恥を2回見る人多いんですね(笑)逃げ恥終わり数分後に録画してたのを再生して再度逃げ恥を見ている私です!!(だって、23時から2度目の逃げ恥見ても、24時までには終わる氏。というか面白いので...oh,yeah!!

ムズムズしながら、キュンキュンしながら、また一週間を待つ事になりそうです。

レンコンカレーか!!!!野菜カレーがあるのだから、アリなのでは?と思いながら、そろそろお時間の様です。

みなさん、毎週火曜日はハグの日らしいので、ハグハグしながら来週火曜を待ちましょう!!(笑)

マジで日本中居酒屋などで毎週火曜はハグの日にして、知らない客同士がハグハグしたら面白いし、結構男女のカップル増えたりして...。

今夜は、いつもより妄想が過ぎている様です。

ではまた来週、この時間に、この場所でお会いしましょう♡

ではでは☮


スポンサーリンク


著者:pallas

Fashion/ドラマ/芸能ニュース/ネットニュース/音楽/jazz/soul/beer/焼酎/政治/経済etc.あれこれ
    書いています!よろしくお願いします

Twitterフォロー

Twitterボタン

Hide DiaryのTOPに戻る