2016/11/20

ナットキングコールが歌うジャズの名曲♪枯葉の歌詞を味わいつつ一献傾ける

例年だと9月下旬くらいまで残暑があって、まだこの頃は若干蒸し暑く感じられている時期だった筈なんですけど

めっきり秋らしくなって、夜は少し肌寒く感じられる様になりました。


スポンサーリンク


皆さんは、如何お過ごしでしょうか?

今週は休日は二日あり、明日は秋分の日でまた休みです♡(ラッキー!!)

秋分の日ってどんな日だっけと思った方は、個人的にまとめてみましたのでご参考下さい。

⇒ 秋分の日とはなぜ祝日?理由や閏年での決め方と英語での読み方は?

枯葉ジャズ写真

ナットキングコールが歌うジャズの名曲♪枯葉について

さて私事ですが、毎年秋になると必ずこの時期は何故かジャズを聴く頻度が高まります。

夏はhiphopやボサノバ、houseなどを聴いて来たので、秋になったら気分が落ち着いてきて、ジャズの様な心落ち着く音楽を求めているのでしょうか?自分でもよく分かりません。

なので今宵はジャズを聴きたくなったので、CDやyou tubeでゆっくり聴き入るつもりです。

その中でも、ジャズの定番中の定番にして、名曲中の名曲、♪枯葉についてまとめてみました。

中でも個人的に好きなナットキングコールの♪枯葉をどうぞ!!

やっぱナットキングコールの歌声は素晴らしいですね!

歌い上げるのではなく、非常に抑えて歌っているのですが、哀愁が深く心に伝わって来ます。

ジャズの定番である♪枯葉は、ビルエバンスの枯葉もいいです。CDとレコードの両方持ってますが、とても味わい深いですし、またキャノンボールアダレイの枯葉も良曲です。また個人的に大好きなのは、Derek Smithの♪autumn leavesが一押しです。you tubeにもありますので、是非聴いてみて下さい。

Love for Sale -Derek Smith

でもボーカルで♪枯葉を選ぶなら、やっぱりナットキングコールではないでしょうか?

もともとはフランス語の曲だった様で、シャンソンとして歌われて来た様です。それがアメリカに渡り、英語で詩が新たに書かれたみたいですね。

シャンソンで言えば、エディット・ピアフなども有名ですが、素晴らしいとは思いますが、私的にはちょっと重いです。

何度も聴くには、ちょい食傷気味な感じです。

でもナットキングコールの枯葉は、抑えて歌っているので重すぎず、でいて哀愁が心の琴線に響くので、聴いた後の深い余韻が心地いいのです。

なので毎年秋のこの時期は必ずと言っていいほど、ナットキングコールの♪枯葉を聴いています。


スポンサーリンク

♪枯葉の歌詞の英語について

ここでAutumn Leavesの英語の歌詞をそのまま表記したいと思います。

—————————————–

The fallin’ leaves drift by the window

The autumn leaves of red and gold

I see your lips , the summer kisses

The sun burned hands , I used to hold

Since you went away , the days grow long

And soon I’ll hear old winter’s song

But I miss you most of all ,my darling

When autumn leaves start to fall

——————————————-

「drift」とは降り積もるという意味で、落ちゆく枯葉が窓のそばに降り積もる光景が目に浮かびます。

英語も簡単なので、理解しやすいですね!!

あと3カ月弱で、日本のウインターソングの大会こと、紅白があります。

そう考えると今年もあと数カ月。時が経つのは早いものです。

などなどといろいろ考えながら、秋らしい物静かな心落ち着く夜が更けていきます。

今宵はナットキングコールの♪枯葉を聴きつつ、一献傾けたいと思います!!


スポンサーリンク


著者:pallas

Fashion/ドラマ/芸能ニュース/ネットニュース/音楽/jazz/soul/beer/焼酎/政治/経済etc.あれこれ
    書いています!よろしくお願いします

Twitterフォロー


Twitterボタン

Hide DiaryのTOPに戻る