BG身辺警護人6話視聴率速報と感想,7話のあらすじネタバレまとめ!

BG身辺警護人第6話 視聴率速報

bg 身辺警護人ドラマ

BG身辺警護人第6話(2月22日放送)の視聴率速報が発表されました!


スポンサーリンク


今回のBG身辺警護人第6話も山口智子さんや萩原聖人、サンドウィッチマンの富澤たけしさんが出演して、かなりの話題を呼びましたので、第6話の視聴率もアップが予想されて注目されています。

そのBG身辺警護人第6話平均視聴率は、14.8%という結果となりました。

これまでのBG身辺警護人のドラマ視聴率(関東地区)での推移をみてみますと…

・第1話視聴率   15.7%

・第2話視聴率    15.1%

・第3話視聴率  13.4%

・第4話視聴率  13.6%

・第5話視聴率  14.0%

第6話視聴率  14.8% ← 2月22日放送分

となっていますが、これが名古屋地区の視聴率となると…

と名古屋地区ではもう20%に迫る勢いの視聴率となっています。次回もおそらく名古屋地区では20%超えの視聴率となるかもしれません。

BG身辺警護人の第6話は前回に比べて0.8%も視聴率アップしており、4話から5話への視聴率増分が0.4%だったのに比べると2倍も視聴率が増えていて、ストーリーによってはここから更なる視聴率アップも見込めそうですね!

BG身辺警護人第6話 みなさんの感想や反応

ここでBG身辺警護人第6話に関するツイッターでのみなさんの感想は反応をピックアップしてみました!

それではどうぞ!

 


と、萩原聖人さんも出演されていてドラマ「若者のすべて」ファンでもある私は胸熱でした!

またツイートにあった「一瞬、《ロンバケ》の瀬名はピアニストになれなくて、SPになったのかぁ?と思ってしまった」というのに激しく頷いてしまいました。

それ位、木村拓哉さんと山口智子さんを見るとデフォルトで「瀬名と南」へと脳が置き換わっているので、そう思ったのかもしれません(笑)

次回のBG身辺警護人も更に面白くなりそうで、目が離せませんね!


スポンサーリンク

BG身辺警護人第7話のあらすじ・ネタバレ

それでは、BG身辺警護人第7話あらすじ・ネタバレに行ってみましょう!

【BG身辺警護人第7話のあらすじ・ネタバレ】

章(木村拓哉)は、元妻である小田切仁美(山口智子)とは6年前に離婚していたが、今回警護を頼まれる事になった。

「誰かに狙われている」と話す仁美。

SPの対象が自分の元妻という事に対して気まずさがあり、警護することに躊躇していた章だったが、高梨(齋藤工)から「怖がってる女を護れなくて 何がプロですか!」と言われ、自分が警護にあたる事を宣言する。

ボディーガードの対象者として仁美に接する章だったが、そこはやはり元夫婦という事で、時折以前の夫婦の感じが蘇る二人だった。

そんな折、二人は警護の最中にレストランで食事をする事になるのだが、そこに厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)が民事党の幹事長との会食で訪れてきた。

挨拶を交わす立原と章だったが、その店の客の中に不審者が紛れ込んでいて、銃声が巻き起こる。

章は仁美を護れるのか?

衝撃の別れの意味するものとは?

BG身辺警護人に山口智子さんが出演されるのは、第6話と7話のみって事でしょうか?

来週のBG身辺警護人の第7話(3月1日放送)は10分拡大スペシャルです!

BG身辺警護人の7話も視聴率上がりそうですね!

「誤差なし!」でスタンバイして見届けたいと思います!!


スポンサーリンク