IQ246の第4話あらすじネタバレ,感想まとめ!第4話無料動画あり!切ない後味の残る回

IQ246の第4話あらすじネタバレ

IQ246

IQ246の第4話を先ほど見終わりました!


スポンサーリンク


今回も面白かったですが、少し切ない後味でしたね。

では早速、IQ246の第4話のあらすじからです!

【IQ246の第4話のあらすじ】

都内にある50階建てのタワーマンションで殺人事件が起こる。

事件はマンションの最上階であり、被害者は大学病院の外科統括部長で医師ある土門賢治だった。

凶器は部屋から二つ発見され、置物と果物ナイフだった。

現場の状況から、土門は読書している時に後ろから頭を置物で殴打され、更に果物ナイフで背中を刺されたと判断された。

警察としては、金品が盗まれている事から強盗殺人と判断を下した。

しかし、犯行時刻と推定される時間にマンションにある防犯カメラには不審な人物は映って居なかった。

しかも土門の最上階のマンションの部屋には、暗証コードを入力しないと50階へのボタンを押せない様になっていた。

そこへ沙羅駆と賢正、奏子が現場を訪れ、その状況を見て沙羅駆は強盗殺人に見せかけた恨みによる犯行だと推理した。

というのも、土門の部屋の棚にはジャズのCDがほとんどだったが、1枚だけクラシックのCDが未開封のままあったり、また土門が治療の為に服用している薬の関係でグレープフルーツは食べる事はできない筈なのに、4個のグレープフルーツがあったからだった。

そして、沙羅駆が疑いを持ったのは、土門の部屋にあったクラッシックCDのピアニストである二本松由里であった。

二本松には、アリバイがあったが、沙羅駆はそのアリバイをどう崩すのか?


スポンサーリンク

IQ246の第4話のみなさんの感想まとめ!

IQ246の第4話について、ツイッター上でもいろいろコメントがツイートされていますので、ここでみなさんの感想・反応をまとめてみました!

 

IQ246第4話の無料動画

IQ246の第4話もみなさん、ご覧になられたでしょうが、何か都合によりIQ246の第4話を見逃した方もいらっしゃるかも知れません。

でもTBS FREEでは期間限定無料動画が見られます。

期間は、2016年11月13日(日)20時59分までです!

見てない方は、是非チェックして見て下さいね!

IQ246 第4話 無料動画はこちら ⇒ http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/IQ246/004.html


スポンサーリンク


著者:pallas

Fashion/ドラマ/芸能ニュース/ネットニュース/音楽/jazz/soul/beer/焼酎/政治/経済etc.あれこれ
    書いています!よろしくお願いします

Twitterフォロー

Twitterボタン

Hide DiaryのTOPに戻る