IQ246の第5話あらすじと感想まとめと無料動画!友は最後まで友だった!

IQ246の第5話あらすじ

IQ246

IQ246の5話を見終わりました。


スポンサーリンク


今回は、成宮寛貴がゲストで、始まる前から結構話題となっていましたので、期待していました!

今回も面白かったですね!!

それでは、IQ246の5話のあらすじからです。

【IQ246の5話のあらすじ】

あるアートギャラリーのオープニングセレモニーに出かける事になった沙羅駆と賢正と奏子だったが、そこでセレモニーの演出を行う千代熊光一と出会う。

千代能は高校の美術部で一緒だった番田と共にバナナ&チョコというアートユニットを結成していて、拡張現実を駆使した最先端技術の演出で人気であった。

そうして、オープニングセレモニーが始まり、招待客は拡張現実を体感するためのゴーグルを付けて、千代能のスピーチを聴いていた。

そのスピーチを聴きながら、奏子は上を見上げるとそこには踊っているかの様な動きをしている番田がいて、その後に上から転落してしまい、亡くなってしまった。

これは事故なのか?事件なのか?

沙羅駆が番田の会社での評判をリサーチした結果、会社の社員の評判はさんざんだった。

番田は、社員にはねぎらいの言葉を掛けるという事はなく、またハチに刺された女子社員に怒鳴ったと言う。

番田は、虫が嫌いだったのだ。

このハチの件が事件解決のキーとなる。

さてさて、沙羅駆の推理は如何に?


スポンサーリンク

IQ246第5話の感想まとめ!

今回も面白かったIQ246でしたが、友を信じれなかったが故の事件で、ちょっとせつない後味でした。

ここでツイッターでのみなさんの感想をまとめてみました。

IQ246第5話の無料動画

IQ246の第5話を見逃した方は、是非こちらの無料動画で5話をチェックして見て下さい。

TBS FREEでは期間限定無料動画が見られます。

期間は、2016年11月20日(日)20時59分までとなっています。

見逃した方は、是非チェックして見て下さいね!

IQ246 第5話 無料動画はこちら ⇒ http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/IQ246/005.html


スポンサーリンク


著者:pallas

Fashion/ドラマ/芸能ニュース/ネットニュース/音楽/jazz/soul/beer/焼酎/政治/経済etc.あれこれ
    書いています!よろしくお願いします

Twitterフォロー


Twitterボタン

Hide DiaryのTOPに戻る