バレンタインの職場の義理チョコ予算の相場とおすすめ,渡し方は?

バレンタインの季節が今年もあと少しでやって来ます!

気の早い方はそろそろどんなチョコにするか考え始めているかもしれませんね。


スポンサーリンク


大切な人に贈るチョコは勿論の事、職場義理チョコ選びも簡単ではないでしょう。

あくまで義理チョコなので、余り高いチョコを買うのもアレですし、安すぎてもちょっと…

という事で今回は、「バレンタインの職場の義理チョコ予算の相場とおすすめ,渡し方は?」と題して

下記のテーマについてまとめてみました!

・バレンタインの職場の義理チョコ予算の相場

・バレンタインの職場の義理チョコのおすすめ

・バレンタインの職場の義理チョコ予算の渡し方は?

今年のバレンタインの職場の義理チョコ選びのご参考になれば幸いです!!

 

バレンタインの職場の義理チョコ予算の相場は?

バレンタインのチョコ-画像

バレンタイン職場への義理チョコを買う場合に、まず気になるのが予算相場ではないでしょうか?

義理チョコなのでなるべく安く済ませたいでしょうが、余り安すぎて貧相なのも恥ずかしいし…

という所ではないでしょうか?

それでは、バレンタインの職場の義理チョコ予算の相場はどれくらいがベストなのでしょう?

 

バレンタインの職場の義理チョコ予算相場についての楽天リサーチ株式会社が2017年の1月6日から7日に行った「バレンタインデーに関する調査」を見てみますと…

1位)500円以上1000円未満  47.7%

2位)500円未満         29.5%

3位)1000円以上2000円未満    9.1%

4位)2000円以上3000円未満    6.8%

(参照:バレンタインデーに関する調査⇒https://research.rakuten.co.jp/report/20170124/)

という結果となっています。

最も多かった予算は、「500円以上1000円未満」で47.7%とおよそ半数の方がこの予算相場を回答しています。

また2位には「500円未満」の予算が上がり、29.5%と約3割の方がこの予算相場で職場への義理チョコを購入しているようですね!

ですので、職場への義理チョコの予算相場として無難なのは「500円以上1000円未満」の価格帯だと言えそうです。

もう少し安く済ませたいという方は、「500円未満」でも約3人に1人はいるので、大きく外す事は無いと思います。

 

バレンタインの職場の義理チョコのおすすめ

バレンタインの職場の義理チョコって買うのは結構大変ではないですか?

仕事もしながらだと、いろいろ義理チョコについて調べる時間もなかったりするのではないでしょうか。

という事で、バレンタインの職場への義理チョコおすすめを幾つかピックアップしてみましたので、ご参考になればと思います!

バレンタインで職場用に義理チョコを選ぶ際に、チョコは苦手という男性の為にこういうプチギフトを流用するというのも手だと思います。

ハート型のクッキーが5枚入りでこの値段なら、職場で義理チョコを配る人数が多い方でもお安く済ませるのではないでしょうか?

 

こちらのタイプは先ほどのハート型クッキー5枚入りで、個々が箱タイプになっているものです。

プレゼント感がある可愛い箱型で種類もバリエーションが幾つかあるので、バレンタインで配る義理チョコが多い方にもいいのではないでしょうか?

 

こちらはクッキーとパイとチョコの詰め合わせタイプです。

バレンタインの義理チョコなので、やはり一応チョコも欲しいという方にはいいかと思います。

外装のデザインも良く、CPも高いのでおすすめの義理チョコです!


スポンサーリンク

 

バレンタインの義理チョコとしては、ちょっと変わった生チョコとタルトのスイーツチョコロン」のご紹介です!

バレンタインの義理チョコなのでやっぱりチョコでしょ!と思わせておいての変化球としては、面白いのではないでしょうか?

チョコロンが2コ入りでこのお値段、しかもパッケージデザインもバッグ風になっていて面白いです!

でいて、楽天でも結構売れたみたいですね。

義理チョコを結構買う予定の方は、6つのデザインが選べるのでおすすめです!!

 

 

バレンタインにクッキーを贈る方も多いでしょうが、どうせ贈るならおいしいクッキーを贈りたいもの。

こちらは1箱に5種類のクッキーが合計6枚入っているタイプです。

値段的にもリーズナブルな値段だと思います。

 

バレンタインの義理チョコとして、和スイーツは如何でしょう?

バレンタインの定番としては、やはりチョコとかクッキーなどが多いかと思いますが、ここで和洋折衷のスイーツをプレゼントして楽しんで貰うというのもいいのではないでしょうか?

このトリュフ「和トリュフ」というのは、ピンク色の桜餡をビターチョコレートでコーティングしたもので、その上には桜の花びらをあしらった雲平が添えられています。

バレンタインは2月14日とまだまだ寒いですが、来たるべき春を感じられる素晴らしいスイーツに仕上がっています。

コーヒーや紅茶との相性もいいとの事なので、ティータイムにも楽しんで貰える「義理チョコ」だと思います。

おすすめです!!

 

こちらも和スイーツのバレンタインチョコで、練り切り餡の中に生チョコを入れた生ショコラ」となっています。

パッと見は、ミカンと花筏とリンゴを模した和菓子に見えますが、中にはスイートチョコレートやホワイトチョコレートが入ったショコラとなっています。

パッケージも和風ですが、和菓子とチョコという和スイーツで面白いですね!

こういった変化球も意表を突いて面白いプレゼントだと思います!

やはりこちらもおすすめです!!

 

バレンタインの職場の義理チョコの渡し方は?

バレンタインの職場の義理チョコの渡し方はどういう渡し方が良いのでしょうか?

職場には同じ女性が何人かいらっしゃるかと思いますので、事前にいつ頃渡すかをリサーチするのが良いかと思います。

いきなり自分だけ先走って渡し始めると一人だけ浮く可能性がありますので。

 

また義理チョコを渡す際は、みんなが居るところでみんなに一斉に渡すのが良いかと思います。

個別に渡すと、本命と間違われてもアレなので…(チョコの大きさから本命ではないでしょうが)

バレンタインの義理チョコを渡すというのも、ある種コミュニケーションの一つの手段だとおもいますので、義理チョコを渡しつつ、話を普段余りしない人とも話をすることで、楽しいバレンタインにして頂ければと思います。


スポンサーリンク