2016/11/17

逃げ恥第6話のあらすじとみんなの感想!心が一つになるが故に肉体も一つになるのは自然な事♡♡

逃げるは恥だが役に立つ-逃げ恥第6話あらすじ

逃げるは恥だが役に立つ-ドラマ

カピパラ的かわいさの平匡氏でしたね!!


スポンサーリンク


逃げ恥による、逃げ恥の為の火曜日が今週もやってきましたwwwwwww

1週間よく待ちました~~~(涙)

という訳で、逃げ恥の第6話の新婚旅行、やっぱり外しませんでしたね!!

期待通りの面白さと、温泉旅行行きたさとで訳分からなくなりそうです!!(多分、その両方)

と言う事で、まずは逃げ恥6話のあらすじからです!!

逃げるは恥だが役に立つ、逃げ恥の第6話のあらすじ!

今日は資源ごみの日、つまりハグの日だった。

そのハグの日を平匡に確認したみくりだが、「前回ハグの前借をしていたので、今日は火曜日でも、ハグしない火曜日では?」と返される。

平匡とみくりの元に、百合ちゃんがやってきた。

会社のセクハラ疑惑への鬱憤をはらしつつ、めでたくクレジットカードのポイントが5万ポイントたまったとの事だった。

みくり党みくり派の百合ちゃんは、二人の事を心配してその5万ポイントを二人の新婚旅行の為に二人分の旅行宿泊券に交換してきて、二人にプレゼントしたのだった。

戸惑う二人だったが、百合ちゃんが二人の仲を思うが余りの厚意を有り難く受け取り、新婚旅行という名目での社員旅行に出かける事にした。

そして、「そうだ、京都に行こう!」的な気分で二人は旅行に出かけたが、着いた先は、めでたくダブルベッドが用意されていた!

が、ツインベッドをダブルベッドに替えていたのは、百合ちゃんだった!

ツインベッドの部屋は満室で、変更は無理!

しょうが無く諦める二人だった。

その時みくりは、高校時代の事を思い出していた…。高校時代の彼氏の事を思いだし、平匡との比較を妄想していたら、昔聞いていたなつかしい声が…。

なんと高校時代の彼氏も、同じ宿に来ていた。

平匡は、露天風呂に入りつつ、契約結婚という「安心」システムの中で疑似恋愛を楽しむ事にまんざらでもない気分になっていた。

そして、ついに、みくりと平匡は同じベッドで一夜を共にする事に…。

しかし、平匡はベッドから出て、畳の上で耳栓とアイマスクで一人で寝て、プロの独身を貫いたのだった。

プロの独身を貫く事をやりきったと満足げな平匡をよそに、みくりは自分が何をやっていたのかと自問する。

みくりから契約結婚しようとか、恋人になりましょうとか、ハグしましょうとか自分発信で…。

その事自体に疲れを感じていた。

みくりは自問する、「でも欲しいのは『仕方なく』なんかじゃなくて…。私は、平匡さんに何を求めてるんだろう?」

もう駅が近づいてきた。あとひと駅。

そして二人は思った、「このまま駅に着かなかったらいいのに!」

そうして駅に遂に着いてしまった。

二人の結末やいかに?


スポンサーリンク

逃げるは恥だが役に立つ-逃げ恥第6話のみんなの感想!

今回の逃げ恥6話は、ドキドキの新婚旅行でした。

ドキドキした方も多いと思いますが、安定の面白さ!

ここで、ツイッターでのみなさんの感想をご紹介します!!

逃げ恥6話、ツイッターのみなさんの反応にもありますが、ラストが意外過ぎて、恋ダンスを覚えていませんでした!

折角のフルバージョンだったのに…。(あとで録画見直すからいいけど)

今回の逃げ恥も、みくりと平匡の心の襞の移ろいが見事に表現されていて素晴らしいストーリーでしたね!

心に残る一言といえば、みくりが元彼に朝食の場で見つかり、平匡が朝食を切り上げて部屋に帰って行ってしまった時に、みくりが元彼に「お前、男の趣味変わったな」と言われて返した言葉。

「変わったんじゃないよ、、、、気付いただけだよ!」

みくりにしてみれば、元彼と付き合ったのは、周囲がみんな付き合い出して、その流れ的に付き合っただけ。

自分が本当にパートナーとして、「肌が合う」のは平匡だという事だったのではないでしょうか?

まぁ今回は、肌が合う事はベッド上では有り得なかったですが…(笑)

そして今回みくりは、次の段階を踏み進む決定的な一言を発しています。

「でも欲しいのは『仕方なく』なんかじゃなくて…。私は、平匡さんに何を求めてるんだろう?」

「契約結婚」は、あくまでも労使関係の筈で、平匡氏に何かを求めるのは???な事なハズ。

契約結婚を取りつくろう為の『仕方なく』では無い何かを平匡氏に、みくりは心の中で要求しています。

これは、恋心とも言うべき一種の感情です、、、、と言うのはまどろっこしいので、と言っておきます。

 

そして、平匡も旅館の朝食の際に出会ったみくりの元彼に対して

「彼に腹も立たなかった。自分の方がみくりさんを知ってると思ったから。僕は知ってる、おだやかな頬笑みも、ぬくもりも、優しさも!!」

そして駅を真近に控えて、二人は思います、

「あとひと駅、永遠に着かなければいいのに」

これは素晴らしく美しい表現ですね♡

何がって、つまり二人は元はと言えば「契約結婚」というシステムで日常を日々過ごして行くうちに、お互いを深く知り合い、結果二人が思う事がとどのつまり同じ事に収束するという。

そして、思いが収束した結果、唇と唇の収束、つまりkissを交わすのです。

心が一つになるが故に、肉体も一つになるのは、そこには一片のいかがわしさもない事で、恋愛に於いて全く自然な事だと感じました。だから、新たな命が宿り、子供が生まれるのかなとか思いました。

みくりと平匡は「契約結婚」でお互いをよく知る事が出来て、お互いがお互いの考えが分かり、忖度する内に、考え方価値観が一致する

私は、そんな結婚がしてみたいと感じました、が、

みくり嬢と平匡氏って、契約結婚ではなくて、もう結婚してるに等しいのでは?

って言うか、結婚しちゃいなよ!!

プロの独身が、余りに自然にキスをぶっこんで来たので、あっけに取られてしまって、肝心の恋ダンスを見たけど、見た事を覚えてねぇ~~~

安心して下さい、録画してますから♡

という事で、再度逃げ恥6話を見て、ラストの恋ダンスを堪能します!!

余りに良いストーリーだったので、休肝日なのに飲んでしまいました(涙)でも水曜日、木曜日空ければ、金曜は…♡

まぁ、楽しかったからいいですかね!!

次回の逃げ恥も楽しみ過ぎで待てません、どうしたらいいですか?

ご名答!!!上に同じ!!

そうだ、京都行こう【参考動画】

そうだ京都行こう


スポンサーリンク


著者:pallas

Fashion/ドラマ/芸能ニュース/ネットニュース/音楽/jazz/soul/beer/焼酎/政治/経済etc.あれこれ
    書いています!よろしくお願いします

Twitterフォロー

Twitterボタン

Hide DiaryのTOPに戻る