おちょこ

江戸切子のおちょこペアセットや富士山のぐい飲み等おすすめまとめ

江戸切子おすすめ

スポンサーリンク


江戸切子おすすめ

夜に一杯やる際にこだわりたいのが、「おちょこ」です。

飲む際に美しい装飾やデザイン、色を愛でながら一献傾けるのは乙なもので

また好きな音楽を聴きながら一杯やるのは最高の一夜です♡

中でも江戸切子のおちょこはデザインや色が美しく、とてもおすすめのおちょこです。

そこで今回は、江戸切子のおちょこペアセットや富士山のぐい飲み等おすすめをまとめてみました。


江戸切子のおちょこ・ぐいのみを探しているという方のご参考になれば幸いです。

江戸切子のおちょこペアセットのおすすめ

江戸切子のおちょこペアセットのおすすめの一つ目はこちらです。

ペアで江戸切子ならば、赤と青のタイプがあるのでおすすめです。

江戸切子らしいカットが美しいデザインとなっています。

ペアの二つセットでこのお値段は結構リーズナブルですね!

こちらの江戸切子セットは、江戸紫のペアセットです。

「江戸紫とは江戸で染めた紫色の染めで、江戸を象徴する色の一つ。くすんだ青みががった紫」です。

江戸切子なので、江戸紫は外せませんよね!

個人的に紫は好きな色なので、この江戸紫は綺麗過ぎます!!

ペアセット、つまり二つで1万円以内というのはかなりコスパ高いと思います。

おすすめです♡

江戸切子のおちょこペアセットのおすすめの三つ目は、こちらです。

正に江戸切子らしいカッティングが映えるおちょことなっています。

赤と青のペアセットですが、共に絶妙の色合いでずっと使っていけそうなぐい飲みだと思います。

購入者のコメントを見てると、結婚祝いにプレゼントされた方もいらっしゃるとか。

江戸切子は一般的なおちょこに比べるとやはり値段が高いので、そういう風にプレゼントされると喜ばれるでしょうね!

江戸切子のおちょこ 富士山デザインのおすすめ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

江戸切子 彩鳳 ぐい呑み (木箱入) 富士桜文様 MI-50-BP
価格:9870円(税込、送料別) (2019/12/13時点)

江戸切子のおちょこ富士山デザインのおすすめの一つ目は、こちらです。

富士桜文様 がデザインされていて、富士山と桜というパワーのある組み合わせで何とも縁起が良いですね。

富士山を神の宿る山として富士山本宮浅間大社などに祀られているのが、 木花咲耶姫 (このはなさくやひめ)で、 木花(このはな)は桜の花を表わしています。

そして、おちょこの富士山の背後には月でしょうか?太陽でしょうか?

何ともパワーのある象徴が描かれていて、とても縁起の良いおちょこだと思います。

こちらも富士山と桜がデザインされたおちょこです。

こちらは江戸紫のタイプです。

桜が舞うなかに富士山と月でしょうか。

う~~ん、欲しいです(涙)

やっぱ紫好きとしては、江戸紫は欲し過ぎます!!

江戸切子のおちょこのおすすめ

江戸切子のおちょこのおすすめは、こちらです。

ピンク色の江戸切子は、割と空くないかもしれないです。

形的にも持ちやすい形で、一杯やるにもいいかもしれませんね(笑)

春の桜の咲く季節(桜の咲く季節、っていうのも趣があっていいですね♡)

にお花見にちょこっと持って行くのにもぴったりなおちょこだと思います(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぐい呑み 流れ星/お猪口/おちょこ/切子/江戸硝子
価格:4950円(税込、送料別) (2019/12/13時点)

江戸切子のおちょこのおすすめの二つ目は、こちらのおちょこです。

碧とうすいブルーが綺麗です。

ちなみに、徳利は別売りです、ハイ。

右の薄いブルーは江戸切子のカラーとしては珍しいかもしれません。

光にかざして、その反射や透水を愛でながら一献傾けるのも良いですね!

おすすめのおちょこです!!

江戸切子のおちょこのおすすめのラストはこちらのおちょこです。

何ともカラフルなカラー展開があり、ちょっと迷ってしまいます!

個人的におすすめなのは、やはり桜でしょうか。

桜のピンクの色あいが絶妙で、是非お花見に持って行きたいと思ってしまいます。

他には「水仙」の緑がかった色も、江戸切子的には珍しい色だと思います。

こちらもおすすめで、欲しいおちょこです!!

江戸切子のおちょこペアセットや富士山のぐい飲み等おすすめまとめをお届けしてきましたが、如何でしたか?

ちょっと気になる江戸切子のおちょこがあったなら嬉しいです。

一献傾けるのに、その器たるおちょこにもこだわるというのも日本文化の深淵の一端だと思います。

旨し酒とそのおちょこをも愛でて、共に味わうという醸成された日本の文化をずっと語り続けたいですね!

今宵はこれにて☮

【参考動画】

坂本冬美 ♪ また君に恋してる


スポンサーリンク